サラリーマンにおすすめの資金調達法は?カードローンと給料ファクタリングを徹底比較

サラリーマンが利用できる資金調達法として人気なのが、カードローンと給料ファクタリングです。どちらにも異なるメリットがあるため、「いったいどちらが良いのだろう?」と悩みがちです。サラリーマンにとっての、両者のメリットを徹底比較していきましょう。

カードローンのメリット

カードローンは、キャッシング専用のカードを作り、いつでも好きなときにお金を借りることができるというシステムです。提携のATMを使って、気軽に現金を引き出すことができ、人気の資金調達法の一つだと言えます。

サラリーマンにとってのカードローンのメリットは、以下のとおりです。

  • 大手企業も多く、安心して利用できる
  • 用途に合わせて借入額を調整できる
  • 家族に秘密で借入れできる
  • 審査スピードも速く、即日対応が可能なところもある
  • 給与が安定しているサラリーマンであれば、限度額が高くなりやすい

カードローンを提供する会社もさまざまで、中には銀行系のカードローンも存在しています。信頼性も高く、安心してお金を借りることができるでしょう。カードローンの場合はお金を借りることになりますが、その金利は、給料ファクタリングを利用した場合の手数料と比較して、安く設定されています。

ただしカードローンを利用するためには、信用情報や給与情報を元に行われる審査を通過する必要があります。信用情報がブラックの場合、定期的な収入を得ているサラリーマンであっても、利用は難しくなります。

給料ファクタリングのメリット

給料ファクタリングは、近年人気の資金調達法です。サラリーマンが持つ給料債権を売却することで、現金を手に入れられます。給料ファクタリングのメリットは以下のとおりです。

  • 信用情報に影響されない
  • 会社がつぶれて給料が支払われない場合の、リスクヘッジになる
  • 即日の対応が可能

給料ファクタリングの審査は、信用情報に影響されません。たとえブラックであっても、給料ファクタリングなら問題なく利用可能です。利用の履歴が信用情報に残ることもないので、大きなローン契約を控えていて信用情報に傷をつけたくないときでも安心して利用できます。

一方でデメリットとしては、給料ファクタリングの手数料は高めに設定されていること、まだ歴史が浅く、悪徳業者の見極めが難しいことなどが挙げられます。また法律に反する仕組みではないものの、グレーと判断されがちなことも、デメリットの一つだと言えるでしょう。

また給料ファクタリングの審査は、「所属先の会社に、問題なく給料を支払えるかどうか」という点が重視されます。自分自身の状況に何の問題もなくても、勤務先企業の経営状態によっては、利用不可能と判断されてしまうこともあります。

自分に合った仕組みを選ぼう

サラリーマンという立場での資金調達法を考えたとき、カードローンにも給料ファクタリングにも、それぞれ違ったメリット・デメリットがあります。自分の状況や立場をよく考えた上で、メリットの大きい資金調達法を選択するのがおすすめです。どちらを利用する場合も、事前にしっかりと基礎知識を身につけておくことが、トラブル予防のコツとなります。各種情報も、ぜひチェックしてみてください。