給料ファクタリングが会社にバレる理由2つ!事前対策を忘れずに

近年人気の給料ファクタリングですが、「興味はあるものの、会社にバレるのでは?」と、不安を抱える方も少なくありません。給料ファクタリングが会社にバレる理由と、バレずに利用するための対策について紹介します。

給料ファクタリングが会社にバレる理由とは?

給料ファクタリングの利用が会社側にバレてしまう理由としては、以下の2つが挙げられます。

  • 3者間で取引を行う給料ファクタリング会社を利用した場合
  • 悪徳業者を利用してしまった場合

なぜこの2つの理由が挙げられるのか、早速チェックしていきましょう。

まず給料ファクタリングにおける3者間取引とは、「申込者(給料を受け取る人)」「会社(給料を支払う人)」「給料ファクタリング会社」の3者間で取引を行うスタイルを指します。給料ファクタリング会社に申し込んだ内容をもとに、給料ファクタリング会社は申込者に対して現金を支払い、そして会社に対しては、申込者の給料をファクタリング会社側へと振り込むように依頼します。

この方法で契約を結ぶ場合、申込者は会社に対して、給料債権を譲渡するための同意を得る必要があります。つまり会社に知られないまま手続きを進めていくことは、事実上不可能です。

もう一つ、会社にバレる理由として挙げられるのが、悪徳業者の存在です。どんな業界にも悪徳業者は存在していて、給料ファクタリング業界においても例外ではありません。何らかの事情で清算タイミングが遅れると、給料ファクタリング会社から、給料を支払う会社側へと催促の連絡が入り、これがきっかけで会社にバレる危険性があります。

会社にバレるリスクは、事前対策で低減しよう!

給料ファクタリング会社の利用が会社にバレれば、お金に困っている印象を与えてしまいます。こうしたリスクを低減するためには、事前にしっかりと対策を行っておきましょう。

その対策とは、ずばり「信頼できる給料ファクタリング会社の選定」です。ここのポイントさえクリアできれば、給料ファクタリングの利用が会社にバレることは、まずあり得ません。

給料ファクタリング会社の選定時には、まず「申込者」と「給料ファクタリング会社」の2者間で契約を勧められるスタイルを選択しましょう。これならば、会社から振り込まれた給料から、自分の手で清算することが可能。よって給料を支払う会社が、給料ファクタリングの利用に気付くことはありません。

また給料ファクタリング会社の中でも、安心して利用できる優良企業を見極める必要があります。これまでの経営実績や手数料率、過去に実際に利用した方の口コミなども参考にしながら、利用しやすい会社を選択してみてください。

給料ファクタリング会社を選べば会社にバレない!ぜひ上手な活用を

給料ファクタリングは、給料日前で現金が足りないときにも便利に使えるサービスです。「あとほんの少しなのに……」という思いに、応えてくれるサービスだと言えるでしょう。

事前の準備さえ気を付けておけば、会社にバレるリスクはほとんどありません。自分に合った給料ファクタリング会社を、ぜひ慎重に選んでみてください。