給料ファクタリングっていったい何?意味や仕組みを基礎から学ぼう

個人向けの資金調達法として目にする機会も増えてきた、給料ファクタリング。「給料日前にちょっと利用してみたい!」と思いつつ、具体的な仕組みや意味がわからず、ためらっている方も多いのではないでしょうか。給料ファクタリングの基本について学んでいきましょう。

給料ファクタリングの意味

まずは給料ファクタリングの意味について解説します。給料ファクタリングは、事業者向けのファクタリングサービスから派生して生まれたサービスです。

事業者向けのファクタリングとは、まだ現金化していない売掛債権を専門会社が買い取り、現金化することで資金調達を可能にした方法のこと。売掛債権を持たない個人にとっては、縁遠いものでした。事業者が持つ売掛債権ではなく、会社勤めをしている方が持つ給料債権(会社からお給料をもらう権利)に注目して生まれたのが、給料ファクタリングです。

給料ファクタリングは、専門の会社が給料債権を買い取ることで、給料日以外であっても現金を手にできる方法です。カードローンのように、信用情報をチェックされることはないので、あらゆる立場の方が利用しやすい資金調達法として、注目されています。

給料ファクタリングの仕組みについて

給料ファクタリングは、お金を借りるのではなく、給料債権の売買を行う取引です。具体的な仕組みとしては、

  • 2者間取引
  • 3者間取引

の2つがあります。

2者間取引とは、申込者と給料ファクタリング会社の2者のみで取引を完結させるスタイルのこと。申し込みを受け付けた給料ファクタリング会社が、給料債権に問題がないことを確認したのち、買取価格を入金します。

現金を受け取った申込者は、そのお金を自由に使用することができます。給料日を迎え、所属先の会社からお給料が振り込まれたら、その中から清算金を支払う仕組みとなっています。自分自身で清算の手続きを取るため、給料ファクタリングサービスの利用を、所属先の会社に知られないというメリットがあります。

一方で3者間取引は、申込者の所属先の会社を加えた3者で取引を行います。審査段階で所属先会社に許可を求め、給料日の清算金が、所属先会社から給料ファクタリング会社へ、直接振り込まれる仕組みとなっています。会社に秘密で取引を行うことは不可能ですが、給料ファクタリング会社のリスクが低減される分、安い手数料で利用しやすいというメリットがあります。

給料ファクタリングを利用する際には、その仕組みにまで目を向けて、自分に合うスタイルを選択するのがおすすめです。

意味や仕組みがわかっていれば、給料ファクタリングはもっと身近に!

給料ファクタリングの意味や仕組みはいかがでしたか? 「想像していたよりも、ずっとシンプルでわかりやすかった!」と感じる方も多いのではないでしょうか。使い勝手の良いサービスなので、ぜひ自身の生活スタイルに合わせて、利用してみてはいかがでしょうか。