手数料が安い給料ファクタリング会社を選ぼう!相場情報と特徴も解説

給料ファクタリングを利用するデメリットといえば、ずばり手数料です。できるだけ手数料が低いところを利用すれば、給料ファクタリング利用のメリットも非常に大きくなるでしょう。相場情報と共に、手数料安い会社の特徴や見極め方について紹介します。

給料ファクタリングの手数料の相場とは?

給料ファクタリングを利用する際には、できるだけ手数料が安いところを選択するのがおすすめです。カードローンなどと比較すると、給料ファクタリングの手数料は高めに設定されており、上手に選ばないと、手数料が家計を圧迫してしまう可能性もあります。

給料ファクタリングの手数料の相場は、10%~40%と言われています。ただし利用金額や利用回数、審査の結果によって、手数料率が変わってくるケースは少なくありません。給料ファクタリングを利用する際には、「自分の場合、手数料がいくらなのか」をしっかりと確認した上で、契約を結ぶ必要があります。特に公式サイトに手数料に関する表記がない場合には、チェックを怠らないようにしましょう。

手数料があまりにも高い給料ファクタリング会社は、悪徳企業である可能性も。優良な企業を見極める意味でも、手数料チェックは欠かせない項目だと言えます。

手数料安い会社の特徴

では具体的に、手数料を安く設定している給料ファクタリング会社には、どのようなところが挙げられるのでしょうか。わかりやすい特徴は、以下の2つです。

  • 審査の内容が、比較的厳しい
  • 2者間ではなく、3者間取引システムを採用している

カードローンとは全く異なる内容ですが、給料ファクタリングを利用する際にも、審査は必須です。手数料安い会社は、比較的しっかりと審査を行い、リスクの高い取引を避けようとする傾向があります。

またもう一つチェックしたいのが、取引の形態についてです。2者間取引は、申込者と給料ファクタリング会社のみが関わるスタイルで、「会社に知られずに取引できる」というメリットがあります。一方で給料ファクタリング会社側にとっては、「給料日に本当に清算されるのか」というリスクを抱えることになります。

3者間取引の場合、給料を支払う会社を加え、給料ファクタリング会社に直接給料が振り込まれる仕組みを採用しています。給料ファクタリング会社側のリスクを低減できる分、手数料を安く設定しやすいという特徴があります。

手数料の安さにも注目して、理想の会社を選んでみて

「給料ファクタリング会社は、手数料安いところを選択したい!」と思ったときには、事前のリサーチをしっかりと行うことが大切です。給料ファクタリングを利用する上で、譲れる条件と譲れない条件を明確にしましょう。その上で理想の会社選びをすることで、「利用可能な給料ファクタリング会社の中で、できるだけ手数料安いところ」を選べるのではないでしょうか。