給料ファクタリングはブラックOK!信用情報への影響はゼロ

信用情報に傷がつき、いわゆるブラック状態になれば、新たにローンを組むことは非常に難しくなってしまいます。とはいえ、ブラックリストに載っていても、お金に困ることがあるのは事実。こんなときには、給料ファクタリングがおすすめです。ブラックでも利用できる理由について解説します。

給料ファクタリングはブラックでもOK!理由は「借入れではない」から

過去に自己破産や延滞、任意整理などを行った場合、各金融機関・カード会社が登録している信用情報機関に、事故情報としてその旨が記録されます。信用情報機関に登録された信用情報を元に、銀行やカード会社は、「この人にお金を貸しても良いかどうか」を判断しています。つまり、過去に事故情報が登録された方が、新たな借入れ契約を結ぶことは大変難しく、これがブラック状態と言われています。

「じゃあ、やっぱり給料ファクタリングも無理か……」なんて思いがちですが、実はここにポイントがあります。給料ファクタリングで行うのは、あくまでも給料債権の売買であり、お金の貸借ではありません。よって、給料ファクタリングの審査において、信用情報がチェックされることもないのです。

たとえ信用情報がブラックであっても、現在仕事をしていて、定期的に給料が支払われているのであれば、給料ファクタリングは問題なく利用できます。

給料ファクタリングを上手に活用しながら、時間の経過を待とう!

ブラックでも利用OKというのは、給料ファクタリングのメリットの一つです。ブラック状態で新たなローンを組むことが難しい場合でも、突然現金が必要になる場面はあり得るもの。こんなとき、給料ファクタリングであれば問題なく資金調達が可能となります。

また給料ファクタリングを利用したことが、信用情報に登録されるわけでもありません。これから先の将来に影響を与えることもないのです。

たとえブラックリストに登録されたとしても、その情報はずっと残されるわけではありません。一定期間を経過した後は、登録された事故情報も抹消され、また一からローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることが可能となります。

つまり給料ファクタリングを上手に活用し、ブラック期間を乗り越えることができれば、以前と同じような生活も可能になるということ。ブラックでも給料ファクタリングなら資金調達ができる!ということを頭に入れておけば、いざという場面で焦ることもなくなるはずです。

ブラックだからこそ、給料ファクタリングを検討してみて

ブラックリストに登録されたからといって、全てを失うわけではありませんが、現実的には「ローンが組めない」ことで、不都合が生じる場面もあるでしょう。こんなときに、給料ファクタリングは便利に使える資金調達法です。

その性質がら、信用情報には全く影響しないのが、給料ファクタリングのメリットだと言えます。ぜひ上手に活用して、ピンチを乗り切ってみてください。