「給料ファクタリングが危険」は本当?悪徳業者を避けることが最重要

給料ファクタリングについてインターネットで検索してみると、しばしば目にするのが「危険」というキーワードです。給料ファクタリングが危険と言われる理由はどこにあるのでしょうか。また本当に、給料ファクタリングとは危険なものなのでしょうか。初めて利用する際に、気になる点を解説します。

危険なのは悪徳業者

給料ファクタリングは、労働者が持つ給料債権(給料が支払われる権利)を、給料ファクタリング会社が買い取ることで資金調達ができる方法です。その仕組みは非常にシンプル。お金を借りるわけではないので、たとえ信用情報がブラックであっても利用できます。いざという場面で、生活を支えてくれる仕組みだと言えるでしょう。

ではなぜ、給料ファクタリングが危険だと言われるのでしょうか。そこには、どんな業界にも存在する「悪徳業者」の存在があります。

悪徳業者は、給料ファクタリングという名目で、闇金まがいの営業を行っています。人の弱みに付け込んで、多額の手数料を請求し、清算ができなくなれば、徹底的に追い込みます。

信頼できる給料ファクタリング会社を利用すれば、このような危険性はありません。給料ファクタリングという仕組みのメリットを、実感できることでしょう。危険を避けるためにも、特に初回利用時には、安心・安全の給料ファクタリング会社を選ぶということが、何よりも重要なポイントとなります。

危険な給料ファクタリング会社の利用は避けよう

では実際に、危険性が高いと思われる給料ファクタリング会社は、どうやって見抜けば良いのでしょうか。以下の4つのポイントを参考にしてみてください。

  • 手数料が高額
  • 契約書が存在しない
  • 審査の緩さばかりを強調する
  • 質問に対して、きちんと対応してくれない

危険性の高い給料ファクタリング会社にとって重要なのは、「とにかく高い手数料で儲けること」です。手数料があいまいなまま契約を進めようとしたり、相場と比較してあまりにも高かったりする場合には注意が必要でしょう。

また信頼のおける給料ファクタリング会社を利用する場合、事前の審査は不可欠です。この審査が行われていない、行われていてもその内容が緩いものであれば、やはり危険性は高くなります。

信頼できる給料ファクタリング会社かどうかを見極めるためには、実際に気になる点を質問してみるのがおすすめです。手数料や審査内容など、実際に問い合わせしてみることで、相手の対応を見ることができます。

危険を避けるためにも、安心・安全の給料ファクタリング会社を選ぼう

給料ファクタリング会社の中には、ごく一部ですが、悪徳業者も存在しています。危険を避け、確実に資金調達をするためには、信頼できる会社を選択することが、何よりも重要なポイントと言えるでしょう。今回紹介したチェック項目も踏まえて、利用する給料ファクタリング会社を選択してみてください。