給料ファクタリングで審査落ち!気になる理由と対策を伝授

給料をもらって働く人なら、誰でも手軽に利用できると言われる、給料ファクタリング。しかし実際には、審査段階で落とされ、取引が成立しない方がいるのも事実です。なぜこのような事態が起きるのか、考えられる理由と共に、審査落ちの対策方法を紹介します。

申し込みの内容に問題があった場合

給料ファクタリングの審査に落ちる原因として、もっとも多いのが「申し込みの際に申告した内容に、何らかの問題があった」というケースです。具体的には、以下のような例が当てはまります。

  • 事実ではない情報を記載した
  • 必要書類が揃えられていない
  • 複数の業者に対して、一度に申し込みを行った

給料ファクタリングは借金ではないので、審査の仕組みも非常にシンプルです。会社に所属していて、毎月一定の給料が振り込まれていることが確認できれば、審査に落ちる心配はまずないと言えるでしょう。

とはいえ、申し込み段階から「この人は信用できない」と思わせるようなポイントがある場合、給料ファクタリング会社側は、「給料日になっても清算されない」というリスクもゼロではありません。審査落ちを避けるためには、業者からの信用を損ねないよう、正直な内容で誠実に申し込みをしましょう。

申し込み内容の問題は、故意ではなく、偶然に発生してしまうケースも少なくありません。手軽に申し込みができる点が給料ファクタリングのメリットではありますが、確実に審査に通りたい!と思うのであれば、申し込みフォーム送信前の最終チェックは忘れないようにしてください。

会社の経営状態や在籍確認に問題があった場合

給料ファクタリングで審査落ちしてしまうもう一つの理由が、給料を支払う会社側の経営状態です。給料ファクタリング会社は、給料債権を買い取る形で事業を行っています。申込者の勤め先の会社の業績が悪化していて「来月分の給料が支払われるかどうか不確実」という状態であれば、審査を通過するのは難しくなります。

こちらの理由で審査落ちしている場合、残念ながら個人でできる対策はありません。給料ファクタリング以外の資金調達法を検討してみてください。

また、会社の経営状態に問題がなくても、「申込者本人がその会社に確実に勤めている」ということが確認できなければ、審査落ちになる給料ファクタリング会社もあります。在籍確認の有無や方法は、給料ファクタリング会社によって異なるもの。在籍確認に不安がある場合には、事前にその内容を問い合わせし、自分にとって無理のない方法で確認してくれる給料ファクタリング会社を選択するのがおすすめです。

審査落ちの理由を見極め、適切な対策で乗り切ろう!

給料ファクタリングで審査落ちの回答をもらえば、「いったいどうして?」と思いがちです。申し込み内容や勤め先の会社の経営状態、そして在籍確認で引っかかるケースがほとんどですから、まずは自分の原因を冷静に見分け、できる対策を採ってみてください。申し込み時のミスをなくすだけでも、審査落ちする可能性はぐんと減らせるはずです。