【パート・アルバイト】給料ファクタリングは利用可能?

素早く資金調達をしたいときに、利用しやすいのが給料ファクタリングです。正社員として働く人にとっては、非常に心強いサービスですが、パートやアルバイトでも給料ファクタリングを利用することはできるのでしょうか。気になる点を紹介します。

パート・アルバイトでも利用できるかどうかは、会社によって判断が異なる!

給料ファクタリングは、会社から給料をもらう権利を売買することで、給料日前の現金化を可能にしているサービスです。サービス利用の大前提は、「会社から毎月、安定した給料を受け取っている」ということ。給料ファクタリング会社は、「今月も間違いなく支払われるだろう」という前提のもとで、買取に応じています。

パート・アルバイトという働き方は、個人の考え方、また雇用主である会社の考え方によって、非常に大きく異なるもの。たとえば「数か月に1度だけ、シフトに入る」ような働き方でも、「週に5日、正社員と同様の仕事をこなしている」といった働き方でも、身分としては同じパート・アルバイトと表現されるでしょう。

このような状況から、給料ファクタリングの利用が可能かどうかは、各社の判断にゆだねられているというのが現状です。申し込み段階から明確に「パート・アルバイト不可」という記載があるところもあれば、「可」としているところもあります。「可」であっても、給料ファクタリング会社が行う審査によっては、不可と判断されてしまうこともあります。

給料ファクタリングというサービスの性質上、毎月安定した収入を得ていないパート・アルバイトは、残念ながら利用するのは難しいと考えられます。正社員ほどではなくても、一定の収入を継続的に得ている場合には、パート・アルバイトに強い給料ファクタリング会社を選び、審査を受けてみてください。

パート・アルバイトでも利用OKの給料ファクタリング会社3つ

パートやアルバイトからの申し込みも積極的に受け付けているのが、以下の3つの給料ファクタリング会社です。

【七福神】

法人向けのファクタリング、および個人向けの給料ファクタリングを行っている会社で、手数料の安さや利用者の満足度の高さに定評があります。正社員以外でも利用しやすく、パート・アルバイトでも現在仕事をしていて、収入証明が確認できるのであれば利用が可能です。

【ENZO】

2019年スタートのまだ新しいサービスですが、弁護士と顧問契約を結び、安心・安全の給料ファクタリングサービスを提供しています。手数料も業界最安値で人気です。パート・アルバイトという立場であっても、定期的な収入があれば利用可能な場合があります。

【ファク太郎】

2020年1月にスタートしたサービスで、即日対応が可能です。パート・アルバイトであっても、給与額内であれば利用が可能。手数料は10%~です。

パート・アルバイトの給料ファクタリングは、まずリサーチから!

パートやアルバイトといった属性であっても、会社から安定した給料をもらっているのであれば、給料ファクタリングを利用できる可能性があります。パート・アルバイトへの対応は、各社によって異なるので、積極的に受け付けてくれる会社を選択するのがおすすめです。

申し込みが可能かどうか、審査の前に知りたい!という場合には、まず問い合わせで確認してみるのも良いでしょう。審査通過できる可能性が高い会社を選べるはずです。