審査が通りやすくなる、給与ファクタリング申し込みに必須な書類は?

労働をしていて給料をもらっている方ならブラックでも利用でき、信用情報を傷つける事なく現金入手できる給料ファクタリング。給料ファクタリングを利用するにあたって、いくつかファクタリング会社に提出しなければならない書類があります。

この記事では給料ファクタリングの申し込みに必須な書類と、提出することで審査が通りやすくなる書類の2点を説明していきます。これからファクタリング会社の利用を検討している方は是非参考にしてください。

給料ファクタリングお申込み時に必要な書類

給料ファクタリングお申込み時に必要な書類
まずは給料ファクタリングお申し込み時に必要な書類を紹介します。ほとんどの会社では以下の3点の提出が求められます。

  • 身分証明書
  • 給料明細
  • 銀行通帳

それでは一つずつ具体的に説明していきます。

身分証明書

身分証明書は申込者が給与債権を持っている人物と同一人物であるかを確認する為に提出を求められます。

給料ファクタリングの申請時に有効な身分証明書は以下の3つです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(住基カード)

原則として顔写真付き身分証でないといけないので、保険証や学生証、在留証明カードなども認められないので注意してください。

給与明細

給与明細は申込者が給与債権者、つまり給料を貰っているかのかを確認するために提出を求められます。

1ヶ月分の給与明細だけではなく、ほとんどの給料ファクタリング会社は直近2〜3ヶ月分の給与明細の提出を必要とするので利用する時には事前に用意しておきましょう。

会社によっては給与明細を発行されていない方もいらっしゃると思いますが、会社に申請すれば発行してもらえると思うので会社の担当の課に問い合わせてみましょう。

また、どうしても準備する事ができない場合は、ファクタリング業者によっては利用できることもあるので相談してみるのがオススメです。

銀行通帳

最後に給料ファクタリング利用の際に必須書類として要求されるのが、銀行通帳の入出金ページです。これは、申込者がしっかりと給料を受け取っているか、借入を受けているか、闇金の利用歴の有無などの審査を行うのに使われます。

通帳も給与明細と同じく直近2〜3ヶ月分のページ提出が必要の場合がほとんどです。紙の通帳でなくても、ネットバンクなどの入出金履歴のスクリーンショットの提出でも認められる事がほとんどですのですぐに通帳が用意できない方でも安心して利用可能です。

給料ファクタリングの審査を通過するためのポイント

給料ファクタリングの審査を通過するためのポイント""

給料ファクタリングを利用する上で必須書類ではないのですが、審査を有利に通過するためにあるとプラスな書類を説明します。

契約形態によって用意できる書類が異なるので、正社員とアルバイトや派遣社員・個人事業主の2パターンに分けて紹介いたします。

正社員

正社員の方は以下の書類を追加で提出すると審査を有利にする事ができます。

  • 名刺
  • 社会保険証
  • 公共料金など各種支払済証明書

絶対に審査に通りたい、他のファクタリング会社などで断られた経験があるという事はこちらを用意することをおすすめします。

アルバイトや派遣社員・個人事業主

続いて、正社員ではなくアルバイトや派遣社員、個人事業主の方も給料ファクタリングは利用できるので、以下の書類を提出すると審査を有利にする事ができます。

  • 雇用証明書(在籍証明書)
  • 確定申告書
  • 源泉徴収

ただし、アルバイト、パートの方だと利用できない給料ファクタリング会社も多いので、利用できる会社を選んで申し込みをしてください。

ファクタリングサービスご利用上の注意

ファクタリングサービスご利用上の注意
給料ファクタリングサービスを利用する上でいくつか注意しなければならい点があるので、利用する前に頭に入れておいてください。

悪徳業者に手口に要注意!

給料ファクタリングの中には悪徳業者が潜んでいるので気をつけましょう。個人情報を提出するわけですから、この情報を使って悪用、詐欺会社や闇金などに情報を売られてしまいかねません。

先ほど必須書類を紹介しましたが、それ以外に明らかに審査に関係のない以下のような書類を求められた場合は悪徳業者である可能性が高いので注意してください。

  • 戸籍謄本
  • 融資額残高証明書
  • 銀行口座の残高証明書
  • 住宅ローン残高証明書

被害に遭う前にこの情報を教えて大丈夫かどうかをしっかり確認し、利用する会社の評判などをチェックしておくことをおすすめします。

必要書類の偽装は違法行為

給料ファクタリングを利用したいけど、必要な書類を揃える事ができないという事で身分証明書、給料明細などを偽造してしまうと、違法行為ですので絶対にやめましょう。

もしやってしまうと私文書偽造罪公文書偽造罪という立派な犯罪行為ですから、用意できない場合は給料ファクタリング会社に相談することをおすすめします。

まとめ

まとめ

給料ファクタリングには、今回紹介した必要な書類を提出しないといけませんが相談次第では利用できる場合もあるので揃えられない場合は問い合わせてみましょう。

また、審査を有利に進めたい場合は追加で書類を提出してみてください。ただし、給料ファクタリングに必要のない書類や情報を求めらた場合は悪徳業者の可能性があるので注意を払って利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です