悪徳給料ファクタリング会社……司法書士・弁護士の対応とは?

給料ファクタリングの会社の中には、残念ながら悪徳業者も存在しています。もしも悪徳業者に騙されてしまったら……できるだけ早い段階で対応弁護士や司法書士に相談したいところです。具体的にどのような対応がなされるのか、気になる点をまとめます。

給料ファクタリング相談への対応は、司法書士・弁護士によって全く異なる!

給料ファクタリングの悪徳業者に引っかかってしまったら、自分だけで問題を解決するのは難しいかもしれません。弁護士や司法書士といった、法律の専門家に相談することで、解決法が見えてくる可能性もあります。

とはいえ給料ファクタリングは、まだまだ新しいサービスであり、関連する判例も充実しているとは言えません。そもそもサービスそのものが法律的にグレーと判断されていることもあって、相談時の対応は、司法書士・弁護士によって異なるのが現実です。

  • 対応できないと断られてしまう
  • 契約書どおりに、支払い義務があると言われてしまう
  • 悪徳業者を実質的な闇金と捉え、法的に対応してもらえる

法律が整備されていない分野に挑むのは、司法書士・弁護士にとってもリスクがあるもの。積極的に受任しない事務所も少なくありません。また、法的にグレーであっても契約は契約ですから、「支払った方が良い」と考える専門家もいるようです。

ただし、悪徳ファクタリング業者を「実質的な闇金」と捉えれば、法的な対応も可能となります。被害者救済のために積極的に動いてくれるのは、このようなタイプの司法書士・弁護士だと言えるでしょう。

悪徳給料ファクタリング対応弁護士・司法書士への相談が安心

悪徳給料ファクタリングについて相談したい!と思ったときには、悪徳業者問題に積極的に関わっている対応弁護士・司法書士を選択するのがおすすめです。こうした弁護士・司法書士は、事務所サイトで給料ファクタリングの悪徳業者に対する注意喚起を行っているケースも多いもの。こうした点をヒントにしつつ、対応弁護士・司法書士選びをしてみてください。

また実際に困っていることがあれば、法律事務所・司法書士事務所が開催している無料相談会に参加してみるのもおすすめです。相談前の段階で、積極的に受任してもらえるかどうかはわかりませんが、相談料無料であれば、まずは気になる点を確認できます。経済的な負担も発生しません。

ただし、実際に弁護士・司法書士に依頼して問題を解決しようとすれば、専門家に支払う報酬が発生します。また給料ファクタリングの利用が、会社に知られてしまうというリスクもあります。

あらゆるメリット・デメリットを踏まえて、ベストな解決策を探ってみてください。

まずは悪徳業者を利用しないのが一番!信頼できる業者選びを

給料ファクタリングの悪徳業者に悩まされないためには、「危ない会社を利用しない」というのが一番です。そのためには、業者ごとの信頼性や安全度などについて、しっかりとチェックした上で契約を結ぶようにしましょう。それでも困ってしまったときには、専門家に相談しながら、自分にとってより良い解決策を探していくのがおすすめです。