給料ファクタリングは違法なの?安心・安全に利用するためのポイントとは

給料ファクタリングについてリサーチしていると、気になるのが「給料ファクタリングは違法なのか?」という点です。安心して利用するためにも、ここははっきりさせておきたいポイントの一つ。給料ファクタリングと法律の関連性と、安心して利用するためのポイントを紹介します。

給料ファクタリングは違法ではない

給料ファクタリングが違法なのでは?と言われる理由は、その手数料にあります。給料ファクタリングを利用するには、業者に対して手数料を支払う必要があり、その相場は、カードローンなどと比較すると高額に設定されています。お金を貸す場合の金利は、法律によって厳しく定められていますが、給料ファクタリングはこの法律の対象ではありません。

なぜなら給料ファクタリングは、お金の貸し借りをしているわけではないためです。給料債権の売買に出資法や貸金業法は絡まないため、手数料率は自由に設定可能。よって、給料ファクタリングは違法ではないと言えます。

もう一点問題として挙げられやすいのが、「そもそも給料債権の売買が可能なのか?」という点ですが、こちらに関連する法律としては、「債権譲渡に関する法律」が当てはまります。こちらでも、給料債権の売買について明確なルールは存在していないため、給料ファクタリングは違法ではないと考えられます。

悪徳業者には要注意!

給料ファクタリング=違法というイメージの裏には、過去に給料ファクタリング会社の関係者が逮捕された事件の影響があります。しかしこれは、給料ファクタリングが違法と判断されたわけではなく、こちらの会社が運営していたサービスが、実質的に「お金の貸借」であり、法外な利息を請求する闇金であったためです。

どんな業界にも悪徳業者は存在しており、給料ファクタリングにおいても例外ではありません。安心・安全に給料ファクタリングを活用するためには、信頼できる会社を選び、利用することが大切です。

信頼できる給料ファクタリング会社を見つけたい!と思ったときには、ぜひ給料ファクタリング会社の会社概要をチェックしてみてください。

給料ファクタリング会社の中には、弁護士事務所と顧問契約を結んだうえで、給料ファクタリングサービスを提供しているところもあります。弁護士と連携の上で、合法的なサービスを提供している証拠だと言えるでしょう。「もしかして違法なのでは?」なんて不安を感じることもなく、安心してサービスを利用できます。

給料ファクタリング会社は慎重に選びましょう

「給料ファクタリングって、もしかして違法なの?」と不安に思う方は、決して少なくありません。しかし現時点で給料ファクタリングを取り締まる法律はなく、違法とは言えません。ただし給料ファクタリングそのものに問題はなくても、給料ファクタリング会社の経営方針に問題がある可能性も。慎重に会社選びをすることが、何よりも大切です。